日本の大手企業とつながる場所【海外展示会挑戦記】

▲長野県内5社で始まったが、今では県外から参加する企業もある

SESSA(中小企業医療器開発ネットワーク)
@COMPAMED(独・デュッセルドルフ)

 SESSA(中小企業医療器開発ネットワーク)は2014年に、長野県諏訪市のものづくり系企業5社で結成された任意団体だ。精密加工技術や高強度ステンレスなどの素材メーカー、医療機器メーカーなどが参加しており、目的は各社の連携で医療機器の世界市場へ参入することだ。今では京都など長野以外からも加盟企業が増えている。 
 ドイツ・デュッセルドルフで行われる大規模な医療機器展「COMPAMED」に、5年連続で出展している。低侵襲手術といわれる患者の体に負担を掛けない手術機器の分野で評価を得ており、世界に市場を広げるのが喫緊の課題だ。 
 だが、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る