レーザーと光技術の専門展『OPIE』車載用など産業用カメラの需要が増大【展示会レポート】

会期:4月24日(水)~26日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:(一社)OPI協議会
出展者数:405社
同時開催展:「レーザーEXPO」「レンズ設計・製造展」「赤外・紫外応用技術展」「産業用カメラ&アドバンスドイメージングEXPO」「宇宙・天文EXPO」「ポジショニングEXPO」

産業用カメラ需要 車載とセキュリティ製品で増加

 レーザーと光技術の専門展「OPIE」では、車載用をはじめとする産業用カメラの需要が増大した。今年から新設された「産業用カメラ&アドバンスドイメージングEXPO」を中心に、介護用、計測器用、バイオ・医療用といった産業別に開発されたカメラが展示され、来場者が集まった。

 カメラ用の測定器や、医療用機器を製造する京立電機(東京都狛江市)には、セキュリティと車載機器メーカーの研究開発や生産現場の担当者が訪れた。セキュリティは以前から一定の需要があったが、車載関連は2年ほど前から問い合わせが一気に増えた。ドライブレコーダーや自動運転用のものに加え、最近はドライバーを監視するためのカメラ需要も増えているという。会場では、キャッシュディスペンサーの手元を映すカメラを探す人が訪れた。

 多くの国内レンズメーカーで使用されているレンズ研磨機メーカーのコジマエンジニアリング(長野県上伊那郡)でも、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る