【全国DMO巡りvol.23】年間観光客90万人でも消費単価940円

 京都府の中央部にある美山町には、年間90万人の観光客が訪れる。日本家屋が並ぶ「かやぶきの里」では、地域の家屋50戸のうち39戸がかやぶき屋根で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定される。冬は大雪に閉ざされる田舎町だが、今ではその雪景色も名物になった。

 観光地が抱えている課題は、消費単価の向上だ。京都市内の観光客が平均で2万円弱を消費するのに対して、同町はわずか940円だ。2016年設立の南丹市美山観光まちづくり協会が最優先で取り組むのも、観光商品の開発とインバウンド対応だ。

 2017年、年間宿泊者数2万2734人のうち4649人が外国人観光客で、増加しているため、英語の案内ガイドを育成し、クレジットカードによる事前決済システムを導入した。

▲外国人観光客が増えているため、英語ガイドの育成にも注力している

 宿泊と予約の窓口も一元化し、宿泊需要を高めるため、中高生を対象とした民泊商品も作り出した。美山の自然と田舎ぐらしを体験する教育を目的とした民泊で、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る