エクステリア×ガーデンエキシビション【主催者に聞く】

 エクステリア業界の同業者がそれぞれ個別で開催していたイベントを合同展として始めた展示会と、展示会主催を世界展開するUBMグループの医療系展示会について、主催者に聞いた。

主催8社が持ち回りで運営

エクステリア×ガーデンエキシビション
@幕張メッセ 4/10(水)・11(木)

 2005年に始まり、今年が14回目の開催だった。ブロックメーカーやアルミメーカーが個別にイベントを開いていたが、来場者層が似通っており、まとめて開催するメリットが大きいと判断し、エクステリア関連企業8社が連携して始まった。参加企業はタカショー(和歌山県海南市)四国化成工業(香川県丸亀市)マチダコーポレーション(群馬県前橋市)エスビック(群馬県高崎市)三協立山(富山県高岡市)東洋工業(香川県高松市)LIXIL(東京都江東区)YKK AP(東京都千代田区)だ。展示会の運営は各社が持ち回りで担当し、今年は四国化成工業が務めた。  

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る