【ディスプレイ会社特集 ビービー・ワン】食品メーカーとの仕事が7割

 看板やブース、什器の制作から、イベント全体の企画まで、展示会、プライベートショー、イベントプロモーションに強いディスプレイ会社を、3月に続いて紹介する。

ビービー・ワン
食品メーカーとの仕事が7割

ビービー・ワン(大阪市)小比賀 智社長

所在地:大阪市西区江戸堀2-3-1 AMビル6F
設立:1989年
社員数:15人
営業拠点:大阪、東京

 食品メーカーとの仕事が売り上げの7割を占めるビービー・ワン(大阪市)は、スーパーマーケットの広告業務代行で創業した。チラシ広告、売り場づくり、店内イベントなどの企画制作を引き受け、店舗と取引のある食品メーカーとの仕事も増えた。スーパーの倒産を機に、8年前から展示会出展サポートを主軸にしている。マーケティング、販路開拓、企業イメージの向上などの出展目的を、企業側の担当者と明確にすることに力を注ぐ。 
 もう一つの事業の柱は、ウェブで告知し、来店・来場誘致して、販促につなげる商品プロモーション企画だ。プライベートショーの事務局代行業務も多い。 
 小比賀智社長を含む企画営業部門が9人、その他、ウェブデザインを含む制作部門が6人在籍している。


こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る