携帯バッテリーで勝負する初出展の中国メーカー @ インタースタイル

携帯バッテリーで勝負

深圳市元鼎科技有限公司(中国)@インタースタイル

▲「日本は街並みが奇麗なのがすごいと思う。自動車の騒音などもあまり感じず、中国よりも街全体が静か」と話すElla Zhengさん

 自社開発の携帯用バッテリー電源「Aiper」をPRした深圳市元鼎科技有限公司(中国)は、日本の展示会に出展するのは初めてだ。北海道胆振東部地震が起こった時に、日本市場を調べると携帯用バッテリー電源がほとんど出回っていないことが分かった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る