ミャンマー家具展示会|富裕層中心に法人も来場【海外展示会レポート】

【Yangon International Lifestyle Furniture Fair 2019】レポート

Yangon International Lifestyle Furniture Fair」は、3月と9月に開催される家具展で、一般顧客、ホテルオーナー、アパート・マンションのオーナーが訪れ、その場で購入していくことも多い即売会に近い催しだ。出展するのは、輸入家具を扱う販売店、国内の家具メーカー、内装業などで、ミャンマー伝統のチーク材の家具や、海外製のデザイナーズ家具が並んだ。ミャンマーの新年にあたる4月の水祭りの前に開催されたため、展示会期間中だけの特別プロモーション価格を打ち出すブースが多かった。

イベントは19回目で、10年続いている。ミャンマーで開催される展示会としては長く続いており、主催のサウザンドアイランドに対する信頼を話す出展企業も多かった。取材当日が35度を超える暑さだったこともあり、前回から続けて出展する企業からは「9月に比べて来場者数は少ない」と口をそろえた。

Yangon International Lifestyle Furniture Fair
開催日:3月27日(水)~31日(日)
会 場:タマドーホール(Tatmataw Exhibition Hall)
主 催:Thousand Islands Business Group
出展者数:約42社
小間数:194小間(屋外も含めて)

タマドーホールの集客力はヤンゴン随一

シンガポールに本社をおく家具製造販売のMore Design Myanmarは、前回の出展で5日間で3000万チャット(約210万円)を売り上げた。今回は3日目の時点で10組ほどと成約したが、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る