インバウンド向けPR商材を並べた広告用コンテンツの展示会『コンテンツ東京』【展示会レポート】

コンテンツ東京
会期:4月3日(水)~5日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1~4
主催:リードエグジビションジャパン
出展者数:1350社
来場者数:4万8949人
同時開催展:第3回AI・人工知能EXPO

映像、グラフィック、デジタルテクノロジーなどのコンテンツ産業に関する展示会「コンテンツ東京」では、外国人観光客(インバウンド)向けのPRを課題とする自治体に向けた出展が目立った。

エンターテイメント分野の翻訳を手がけるラパン(東京都港区)には、訪日観光客向けの翻訳について課題を持つ広告代理店や、自治体から受託を受けて冊子制作などを行う企業が来場した。漫画などのコンテンツを持つ企業が、海外企業のライセンス契約を経ず、独自に翻訳して海外に配信するケースが増加している。「手始めに英語と中国語でローカライズしたいという要望を受けることが増えた」(坂本直樹社長)

▲中国向けマーケティングで出展したココチエ(東京都港区)

中国向けマーケティングをPRしたココチエ(東京都港区)の木村光伸氏も、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る