“LEDが市場を席巻” 照明器具や光源関連機材の総合展『ライティング・フェア』

ライティング・フェア
会期:3月5日(火)~8日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1・2
主催:(一社)日本照明工業会
来省者数:5万7422人
出展者数/出展小間数:170社/545小間
主な来場者層:建築・設計関連、デザイナー、小売業
主な出展者層:照明メーカー・関連企業

ライティング・フェアの会場では展示された照明機器のほとんどがLEDだった。「商品の9割がLED」と話したのは、岩崎電気(東京都中央区)の大木昌一さんだ。工場・倉庫用の照明や街路照明、演出照明、工事用照明など幅広い領域の照明を扱い、東日本大震災でLEDに注目が集まったことをきっかけに、LEDへのシフトを進めた。「有機EL照明はまだコストが高い」(大木さん)

ライティング・フェアには28年間出展し続けている。来場者の大半は取引のある既存顧客だが、来場者の新商品に対する関心度が高く手応えを感じていた。

食品展示用照明を開発するプリンス電機(横浜市)も、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る