『JAPANドラッグストアショー』体験やSNSにより一般来場者向けの展示が主流に

▲家族連れを狙ったブースが多かった

JAPANドラッグストアショー
会期:3月15日(金)~17日(日)
会場:幕張メッセ 4~8
主催:日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)
出展者数:397社

JAPANドラッグストアショーでは、一般開放される土・日を意識したブースが増加した。近年、ドラッグストアに併設する調剤薬局が増え、調剤薬局を運営する個人事業主の来場も増加した。週末に家族を連れて遊びに来る調剤薬局経営者が多いこともあり、個人客に広くアピールするブースが目立った。出展者は、ブース内で何らかの体験ができたり、SNS(交流サイト)と連動させてサンプルを渡すなど工夫を凝らしていた。

入浴剤を扱う五洲薬品(富山県富山市)は、ブースの脇に「インスタ映え」する写真撮影コーナーを設け、SNSでの拡散を狙った。外国人に人気が高い浮世絵など和風のデザインのパッケージの商品を置き、海外への訴求をはかった。「海外の方は、和風のものに興味を示す人が多い」(古川航さん)という。

神仏用ローソクなどを扱うカメヤマ(大阪市)は、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る