新エネルギー産業の展示会『スマートエネルギーWeek』業界の関心は洋上風力発電に

スマートエネルギーWeek
会期:2月27日(水)~3月1日(金)
会場:東京ビッグサイト全館
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:1590社
来場者数:6万6579人


▲洋上風力関連設備を展示した電材エンジニアリングのブースには、原子力や火力関連の企業担当者も訪れた

業界の関心 洋上風力発電に

 省エネルギー、再生可能エネルギー、スマートシティなどの製品・サービスを紹介する「スマートエネルギーWeek」では、業界の関心が従来の陸上風力発電から洋上風力発電に大きくシフトした様子が見られた。

 「来場者で目立ったのは、陸上の風力発電据え付け工事をしていた会社や、投資会社や金融機関、火力発電をメインとする電気会社の担当者など」と話したのは電材エンジニアリング(川崎市)の上村浩貴氏だ。再エネ事業者だけでなく、原子力や火力関連の企業も洋上風力への関心を高めているという。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る