【集まるブース研究 #106】ブースの奥行き狭く 細かい商品を通路側で見せる

【DATA】
施工会社:デザインルーツ(東京都千代田区)
小間数:9小間
施工費:200万円
会  場:SEMICON Japan

 オレンジ一色のシンプルな壁面で来場者の注目を集めたのは、エンコーダ(位置決めシステム)開発のレニショー(東京都新宿区)だ。ブースの高さの上限である4・5mの壁面をオレンジ色に染め、スチレンボードで作った商品の画像を上から貼り付け、立体的に商品が見えるように施工した。 

 パネルに商品名『QUANTiC』の文字をくり抜き、裏側に55インチのモニターを2台設置して映像を流し続けた。これにより、文字が絶えず変化して見えるようにした。「施工会社やデザイン会社から多くの反響があった」(望月善和さん) 

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る