会場ではチノパン・スニーカー 現地スタイルで初めての受注【海外展示会挑戦記】

▲コネクタの自動組立機が主力製品だ

マイナーズジャパン(福島県いわき市)
@TAIROS(台湾)

 年商2億円の生産設備工場向けの機械を製造するマイナーズジャパン(福島県いわき市)は、昨年8月に出展した台湾オートメーション・ロボットショー「TAIROS」で、台湾企業との取引が始まった。4年前から海外の展示会に出展してきたが、実績につながったのは今回が初めてだ。成約したのは電気回路のオン/オフを切り替える部品、リレーの自動組立機、7000万円だ。

 会場では展示スペースを台湾の雰囲気に合わせた。以前はスーツにネクタイという日本風の営業スタイルで臨んだが、台湾のラフな雰囲気になじめなかった。出展回数を重ねるごとに台湾人の気質を理解し、身なりも上下スーツからシャツとチノパン、スニーカーへと変えた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る