【全国DMO巡りvol.18】(一社)こもろ観光局 山が苦手な人を取り込む

▲雄大な山々は小諸の大きな観光資源。「トラウマ克服登山」は登山に苦い思い出しかない人たちを参加させるというユニークな発想で成果をあげた。これはその「黒斑山編」で、背景にあるのは浅間山

「トラウマ克服登山」

 雄大な浅間山の登山口。市の真ん中を千曲川が流れ、噴火がつくった独特の地形に小諸城や北国街道ができ、歴史情緒あふれる高原の城下町として発展してきた。この町並みや標高を生かした新しい観光プログラムをつくろうと、DMOが中心となってさまざまな企画に取り組んでいる。

 浅間山登山では、登山が苦手な人を仮装して出迎えたり、経路に合わせ「克服度」達成スタンプを押すといったエンターテインメント要素を含めた「トラウマ克服登山」が人気だ。スノーシュートレッキング、アニマルトラッキングなど、浅間山の大自然を感じ、生き物たちと触れ合うプログラムも開発した。

 開発を担ったこもろ観光局は、「地域おこし協力隊」という地元の事業者が中心にできた組織で、観光局がDMOとなって、これまで以上にマーケティングや広報活動に力を入れたことで、課題や実態が見えてきた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る