【医療インバウンド10年の軌跡】第6回 医療渡航ビザの利用者

 2011年1月にできた医療渡航ビザは、医療機関における治療行為だけではなく、人間ドック、健康診断、温泉治療、療養まで幅広い範囲が対象になる。制度の核は、医療目的で日本に来たときの施設、例えば温泉療養だとしたら、「温泉療養に1カ月滞在した方ががいい」と言ってくれる病院や、診療所があればいいという、おおらかな制度だ。

付添同伴者も同じ期間滞在できる

 歯科医が6カ月の治療プランをつくると、6カ月の医療滞在ビザが下りるのが医療渡航ビザです。日本で整形手術して、術後の様子も観測したいので1年間ビザが欲しいとなったとき、整形外科が治療計画を立てると、そのとおりにビザが下ります。

 医療ビザは、2010年に新成長戦略に入りましたが、それまでは医療を目的にした日本の在留資格はありませんでした。短期滞在のなかに、療養という言葉があっただけです。医療を成長の柱にするにあたり、日本には医療目的の在留資格がない。そんなタイミングで早急につくったため、湯治もあれば、歯の検査、治療と受け入れ範囲が広くなったのでしょう。

 期間は最長3年です。例えば、肝臓がんで1年に1回治療のために来るとなれば、3年分のビザが下ります。以前はここまで便利なビザがなかったので、「親族訪問」などと理由をつけていたのです。今は、特にビザが必要な中国やロシアでは、医療滞在ビザをとる方が多いです。しかし、まだ制度を知らない人の方が多いというのが現状です。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る