ミャンマーで所得上がり、旅行人気高まる【海外展示会レポート】

MyanmarInternationalTravel Mart(MITM)
開催日:2019年1月12日(土)・13日(日)
会場:タマドーホール(Tatmataw Exhibition Hall)
主催:ミャンマー連邦旅行協会 Union of Myanmar Travel Association(UMTA)
出展者数:70社
小間数:119ブース
来場者数:6000人(前回)
主な出展者層:旅行会社、ホテル、航空会社、保険会社、銀行主な来場者層:旅に関心のある一般客、旅行会社、ホテル経営者、航空会社

4月の長期休暇 旅先を探す機会

ミャンマー最大規模の旅行イベント「Myanmar InternationalTravel Mart」は、旅先を探す一般客や、新商品を探す旅行会社が来場し、旅行会社、ホテル、航空会社、保険会社、銀行などが出展する。年に2回開催され、今回は4月の長期休暇の旅先を探す人を狙ったプロモーションが大半だった。ミャンマーでは4月17日が旧暦における正月にあたる。前後を含め5~9日程度の長期休暇となる人が多い。
旅行の人気は高まっている。2011年の民主化以降、外資系企業の進出が続き、高い給与を得る人が増えたことが一因だ。新卒の初任給は月2万円程度だが、外資系企業に勤めるサラリーマンだと、月5万~8万円稼ぐ。タイ・バンコク旅行で3万円、国内旅行であれば1万円程度で行けるため、旅行を身近に感じる人が増えた。芸能人やインフルエンサーが海外旅行の様子を投稿するのを見て憧れる人も多く、旅行はステータスシンボルになっている。

2回目の出展となったH.I.Sミャンマー支店には、ヤンゴン在住の30代が多く訪れた。2泊3日のバンコク318ドル(3万4800円)、4泊5日のバリ599ドル(6万5600円)が人気だった。東京、鎌倉を回る4泊5日の日本ツアーは、1280ドル(14万200円)と高額なため、関心を持つ人は限られたという。日本や欧米のツアーに参加するのは、企業経営者や不動産オーナーなどの富裕層に限られるようだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る