QRコード決済 準備していればもっと売れた【海外展示会挑戦記】

▲メインターゲットである70~80代の聞こえ方を研究してさらに改良を目指している

エースエンジニアリング(相模原市)
@大連日本商品展覧会(中国)

補聴器よりも集音性が高い集音器をつくるエースエンジニアリング(相模原市)は、昨年9月に出展した「大連日本商品展覧会」(中国・大連)の会場で、QRコード決済への対応を痛感した。来場した大連の消費者のほとんどが電子マネーで決済しており、現金を持っていなかった。会期中431人がブースに訪れ、定価5万4000円の集音器は5台売れたが「QRコードで販売することができればもっと売れた」と津田博通社長は悔しさを隠さなかった。

「大連日本商品展覧会」には過去最多の276社が出展し、そのうち半分が日本の企業だった。6万5000人が来場したが、BtoCの販売がメインのため、中国人の好みを把握するうえで利用価値が高いという。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る