オートモーティブワールド

会期:1月16日(水)~18日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:1002社
来場者数:11万6244人(同時開催展含む)
同時開催展:「ネプコンジャパン2019(出展者数893社)」
「第5回 ウェアラブルEXPO(同141社)」
「第3回 スマート工場EXPO(同246社)」
「第3回 ロボデックス-ロボット開発・活用展-(同246社)」

軽量化技術に来場者の関心

自動車業界の先端技術展示会「オートモーティブワールド」で、来場者の関心は軽量化技術に向けられていた。EV車に搭載されるバッテリー電池が重く、燃費の向上と走行距離を延ばすためには、他を軽量化するのが近道だからだ。出展する素材加工会社は、軽量化を実現する技術をおのおのアピールした。

ウレタン、ゴムなどの化学製品メーカー、イノアックコーポレーション(名古屋市)は発泡素材の加工技術を展示した。遮音・断熱・振動防止などの目的で多くの自動車メーカーで採用される素材だが、軽量化にも効果があることを周知した。トヨタ、日産、ホンダといった大手メーカーの担当者がブースを訪れた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る