【医療インバウンド10年の軌跡】第5回 主要プレイヤー

▲外国人を相手にする医療現場において、通訳は命に関わる重要な役割を担うが、体制は整っているとは言い難い(写真はイメージ)

海外から医療を目的にする人を呼ぼうとすると、そこには医療従事者以外にもさまざまなプレイヤーが関わることになる。今回は、コーディネーター、医療通訳、関連省庁、病院などの主要プレイヤーについて説明する。

見落とされがちな医療通訳者の重要性

コーディネーター

病院と外国人の患者・検診を受けたい人を結ぶ人です。日本にいる親族や知人を頼ることもあります。親族や友達が日本語を話せれば、その方が楽だからです。仕事で取引のある会社を介する紹介もよく見られます。また、海外の病院と提携する日本の病院に紹介で来る人もいます。もちろん、海外から来る患者や検診者が、直接病院に連絡することもあります。

医療通訳

非常に重要な存在ですが、医療通訳の投入コストは見落とされがちです。AIによる自動翻訳もありますが、医療の現場ではまだうまくいっていません。ベテランの医療通訳がいる、または外国人のドクター、看護師がいることはとても重要です。

医療通訳専門の資格はありません。医療通訳を専門にする人を集めている通訳翻訳専門の会社はあります。病院などの医療施設は、海外からの患者さんが増えると外国人の看護師を雇います。そのほうが早いのかもしれません。外国人医師には、外国人で海外の医師免許を持つ人と、日本で医師免許を取得した人がいます。留学生が対応するケースもありますが関わる人のタイプにはばらつきがあります。

医療通訳は責任が重い仕事です。間違って通訳すると大変なことになることは誰にでもわかることですが、理解されていないことが多いのです。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る