香取 優希 吹き替えに憧れて声の仕事に【Person】

香取 優希さん

吹き替えに憧れて

声の仕事といっても仕事はさまざま。アナウンサー、MC、声優。求められる能力や得意分野もそれぞれ違うのだ。香取優希さんがこの世界に入ったのは、外国人の声に日本語を当てる、吹き替え声優をやるためだ。特に報道やドキュメンタリーでのインタビューの吹き替えに憧れた。

大学卒業後に話術を学んだのはアナウンサースクールだ。卒業後に、ウェブ番組のキャスター、企業の記者発表会の司会、展示会のMCといった仕事でキャリアを積んだ。3年前からは循環器内科の医師向けという、なんとも専門性の高いウェブ番組で司会を務める。最近は株式投資の情報番組の仕事も増えた。

粛々と進行台本に従う式典の司会は得意だが、好きなのはやはり声を当てる仕事だ。キャラクターに声を当てる仕事が入ると、次はいつかと待ち遠しくなってしまう。展示会では目の前に聞かせる相手がいて、話した内容に対する相手の表情がわかるため楽しい。

休日はもっぱら家で読書やDVDを見て過ごす。趣味で漫画を描いており、インスタで彼女の作品を見ることもできる。


▼関連記事はこちら

平尾 美奈 江東区で待ってます【Person】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

ページ上部へ戻る