通信費の引き下げが参入のチャンス~日本で何狙う?~

▲新井さん(写真左)は住友電気工業(大阪市)などに勤務した経験があり、人脈をつてに国内営業を行っている

Infinite Cable System(香港)
@「Japan IT Week 秋」

熱による燃焼を防ぐ光ファイバーケーブルを販売するInfinite Cable System(香港)は「Japan IT Week 秋」で日本の展示会に初出展した。政府主導の通信費引き下げが進められる日本では、通信関連の部材にもコスト削減が求められ、各社の状況はなかなか厳しいという。それをチャンスと捉えていた。「安価な海外ケーブルメーカーにとって、かつてないほど日本市場に入りやすい状況」(新井達也さん)。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る