日本マイクロソフト ロゴ入りスマホが操作できる手袋【イケテルノベルティ】

▲着けたままスマートフォンを操作できる手袋

寒い時期に好評

日本マイクロソフト(東京都港区)が「SEMICON Japan」で配布したのは、着けたままスマートフォンを操作できる手袋だ。親指と人さし指、中指の先端部分に特殊加工が施され、手が覆われていても操作に支障がない。手の甲の部分には社名のロゴを記載した。「常に弊社の存在を感じてもらいたいという意味を込めて、身に着けられるものをノベルティにしようと思った」(担当者)寒い時期の展示会だったこともあり来場者に喜ばれた。

過去の展示会では肩掛けポーチやPCクリーナー、ハンドスピナーを配布したが、中でも最も好評だったのが今回の手袋だという。「自分で買うほどではないが欲しいと思えて、かつ、小さくて目立つ。それが喜ばれるノベルティの条件だと思う」と担当者は話した。


▼関連記事はこちら

野菜の種をノベルティとして限定配布 多くの人が足を留めた【イケテルノベルティ】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

ページ上部へ戻る