アンテナショップで見た「爆買い」がきっかけで海外進出【海外展示会挑戦記】

▲「おつまみ鶏皮」ワサビ味と豚足は海外での評判も上々だった。「宮崎県と東南アジアは気候的に似ているせいか、食の好みも似た部分がある。その意味で相性の良さを感じた」(横山室長)

ネオフーズ竹森(宮崎県都城市)
@「レストラン&バー香港」(香)

「おつまみ鶏皮」買い占める東南アジア客

新宿駅に隣接する宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館 KONNE」で、東南アジアから来た観光客が自社の商品を大量に購入する姿を見たことが、ネオフーズ竹森(宮崎県都城市)が海外進出を始めようと思ったきっかけだ。宮崎県の地鶏を使ったチキン南蛮、炭火焼き、タルタルソース、豚足、味付け卵、鳥皮を揚げた「おつまみ鶏皮」を販売する。年商は約6億円で、それまで海外での実績はほとんどなかった。「一度に30個近く購入する人もいて、海外でも通用するのではと思った」(横山浩平室長)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る