庭や外構の整備、除雪機器「ランドスケープ」テーマの展示会【海外展示会挑戦記】

Landscape Ontario

トレーラーを購入

「ランドスケープ・オンタリオ」は、造園整備や農業用の機械、外壁材や外装、除雪などの商品を集めた展示会だ。日本語に直訳すると「景観」にあたる「ランドスケープ」をテーマにしており、1973年から続く歴史のある展示会だ。専門業者から一般消費者まで来場者層は幅広い。
農場を経営する40代の夫婦は、昨年会場でトレーラーを購入したという。10年前から毎年参加しており、今年は、灌漑(かんがい)技術や関連製品の導入を検討しているということだった。

夏は芝生や植栽の整備、冬は除雪を主にする土地管理業の女性オーナーは、新製品を探すため30年以上前から参加し続けていた。今年はあらゆる機械においてセンサーの感度が上がり「ソフトウェアの進化を感じる」と話した。メンテナンス商材の充実については、洗浄機器メーカーに勤める男性来場者も指摘した。
外装メーカーに勤める女性は、あずまやのように庭に設置するガゼボや、ルーフバルコニーに近いペゴラスなど、富裕層や宿泊施設に向けた商材を探していた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る