商機つかんだ日本の新興企業たち@CES(米・ラスベガス)

▲クラウドファンディングサイトを運営するマクアケは2回目の出展。アルコールチェッカーの「TISPY」などマクアケで集めた資金で製品化した商品を展示した

家電とデジタル技術の展示会 CES (米・ラスベガス)

ラスベガスで開催された家電や最新デジタル技術の展示会「CES」で、日本の新興企業のブースに多くの来場者が集まった。日本人来場者との商談を重ねた出展企業も多く、「日本では会いにくい大手企業の決裁権者と直接話ができた」という声も聞かれた。フランスも新興企業の出展が昨年から倍増するなど、名前を売りたい若手経営者や技術者が集う場所になっていたようだ。

サイバーエージェントグループで、クラウドファンディングサイトを運営するマクアケ(東京都渋谷区)のブースには、4日間で1000人以上が訪れた。来場者には日本人が多く、帰国後に改めて会う約束をした企業が多かった。アジア系企業から「日本での販路を拡大したい」という相談も相次ぎ、アジアで知名度が上がっていることを確認できた。

今年が2回目の出展だったが、昨年に比べ成果は格段に上がった。「Eureka Park」という新興企業を集めた一角に出展したことが要因だ。「昨年はSouth hallの隅に出展したが、来場者数も反応も全く異なるものだった」と木内文昭取締役は話した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る