セレスポがスポーツイベント事業の拡大【トップに聞く2020年後の仕事】

トップに聞く2020年後の仕事-②

セレモニーとスポーツを社名の由来とするセレスポ(東京都豊島区)は、株主総会、建設現場の地鎮祭、運動会など企業主催のイベントや、スポーツ競技団体から大会の運営を受託する。2020関連の仕事に向けた準備を整えてきたが、今年は実務が動きだす。「世界的大会の運営に参加し、最高峰の運営スキルを獲得する」と稲葉利彦社長は話しており、その経験を持って、20年以降スポーツイベント事業の拡大を目指す方針だ。

スポーツイベント事業の拡大

ー2020の競技や会場運営に関する業務について、受注に向けた準備の状況は。

情報収集には力を注いできた。どういう業務が必要とされるのかについて予想はしているが、どこからどんな仕事が発注されるのかについてはまだ、確定していないようだ。ただ、今年から動きだすことは間違いない。2020のテストイベントが始まるので、その運営を受注できれば、ビジネスとして大きく収益に関わってくる。

ー2020以降の成長はどのようにして実現するのか。

2020年までに、社内に残したいレガシーが2つある。1つは、良質な顧客との関係性だ。中央競技団体や大手広告代理店などがその相手になるが、2020の会場・競技運営を任せられれば、彼らと共同で業務にあたることになる。その中で、当社の実務能力を見せ、信用を獲得したい。もう1つは、オリパラ大会運営そのものの経験値だ。これまでも国際的な競技大会の運営をおこなってきたが、求められるレベルが異なる。経験することで社内に高い知識を蓄積し、21年以降の仕事に生かしていけば、定例のイベントを取りやすくなるだろう。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る