第五回 今日の中国〜中国の法律が変なわけじゃない〜

▲中国ではECでの買い物が基本です。

中国の法律が変なわけじゃない

今、12時30分。オフィスに人はいるのですが、静まり返っています。昼食を終えた社員が、13時までお昼寝をしているからです。地域や個人の差はあるものの、中国では昼食後、昼寝をするのが一般的です。午後は打ち合わせ・会議の類が多いので、おなかを満たし、昼寝で頭の中をリセットするのです。これも残業をしないためのコツかもしれません。私も午後は会議です。議題は取引先の日本企業が抱える問題について。今回はその話をかいつまんでお伝えします。 

日本各地のドラッグストアや百貨店を舞台にした中国人の爆買ブームを覚えていますか?
あれは、中国人や中国向けの輸出企業に雇われた中国人主婦たちが、限られたブランドの限られた商品を大量購入したものでした。この爆買、中国のネット販売に端を発していたのをご存じでしょうか。

スマートフォンの普及率が95%を超え、10億人がスマートフォンを持つ中国では、買い物の多くがネットで行われます。スマホの買い物アプリに出展する店舗を運営するのは、アプリ運営会社、企業ブランド、個人など多様です。なかには、欲望のままに法律の隙間をかいくぐる企業や個人もいて、日本同様、政府を悩ませています。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る