【医療インバウンド10年の軌跡】第4回 ドック以外の人気商品

▲リハビリテーションの受診も増えている(写真はイメージ)

治療や予防 医療技術は海外の評価も高い

日本の医療サービスを受けに来日する外国人の目的は、健康診断、治療、予防医療、リハビリテーションの4つに大別できる。治療目的でおとずれる人たちは、最も多いガン以外にも、歯科治療、不妊治療、美容整形と幅は広い。前回の健康診断に引き続き、治療、予防医療、リハビリテーションの3分野について解説する。

「治療」

この分野で最も多いのはがん治療です。外科的な手術もあれば、放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法などさまざまです。中国はがんで亡くなる人の割合が日本よりも高いので、PET検診で早期発見し、その後治療される方が多く見受けられます。
歯科治療もあります。特に、インプラントはロシアの方に人気があります。また、眼科治療は日本のレベルが高く、中央アジアのカザフスタンから来る方が多く見受けられます。

不妊治療も多いです。中国では一人っ子政策が無くなったこともあり、中国国内の専門医は順番待ちの状態だと言います。美容整形治療も人気です。美容整形というと中国人の中でも韓国を思い浮かべ、実際に医療ツーリズムとして訪れる人も多くいます。しかし、治療技術は元々日本のものといわれており、美容整形に詳しいと日本を選ぶ方もたくさんいます。

幹細胞をとって肌や組織を再生させる再生医療を求めてくる人もいます。先日、台湾に行きましたが、台湾では再生医療が認可されていません。一部は政府が認めた治療法で対応しているようですが、先進的なドクターは、台湾では治せないものは日本で治すように促しているようです。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る