小間数:6小間
施工費:200万円
出展企業:C&Gシステムズ(東京都品川区)
展示会:JIMTOF 
施工会社:非公開
会場:東京ビッグサイト

パネル作り変えるよりも映像変える方が安い

「パネルの代わりにデジタルモニターを使いコストを削減した」と話すのは、CAD・CAMシステム開発のC&Gシステムズ(東京都品川区)の洞山裕司課長だ。
JIMTOF」に6小間出展した際、50インチ超の大型モニターを10台用意。展示会への出展は年間2回程度。出展する毎にパネルの内容を変更するよりも、モニターに投影するデジタルデータを変更する方が割安だった。「動画も流せるから活用の幅が広い」(洞山課長)

デジタルなイメージと合致するよう、ブースのデザインもそろえた。ブース中央の天井部分には紫色の照明を円状に設置し、社名のロゴもサイネージを使って表現した。以前はデザインを毎年変えていたが、2014年の合併以降カラーを紫に統一し、ブース上部に円形の造作物を配置した。その中央部分で自社のロゴを大きく目立たせた。この形にしてから、来場者にもブランドイメージを認知されるようになったという。


▼関連記事はこちら

快活な商品イメージを表現「0(ゼロ)」に込めた商品の思いとは【集まるブース】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る