▲平尾 美奈さん

江東区で待ってます

東京・錦糸町で、びん付け油の匂いを漂わせ浴衣姿で歩く力士とすれ違うのは、日常の一部だ。両国国技館から近いため、街の中に相撲部屋が点在する。平尾美奈さんの生活に占める大相撲の割合が、食事や睡眠と変わらなくなったのも、6年前にこの街に引っ越してきてからだ。

相撲と同じく、越してきてから知った楽しみが銭湯だ。自宅の湯船を使うのは週に1度くらい。場所が始まれば、地元のおばあさんと一喜一憂しながら取組を見る。これが彼女にとって最高のぜいたくだ。ひいきの勢関が勝てばそれ以上言うことは何もない。「声が好き、歌声がたまらない」

岡山出身で関西の大学を卒業後、カメラマンをしながらボイストレーニングに通い、MCに。大手事務所に所属するも仕事が回って来なかった。今は、毎週火曜日15時から江東区のレインボータウンFMでパーソナリティを務める。取材当日は江東区にあるビッグサイトで、展示会の司会を務めていた。今年も平尾さんの生活は、仕事も趣味も江東区とともにある。


▼関連記事はこちら

神尾 衣里子 式場で声をかけられてタレント事務所へ【Person】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る