▲東京ビッグサイトで開催された「インテリア ライフスタイル リビング」に「大日本市」として出展し、30社が参加した。

中川政七商店(奈良県奈良市)
@「インテリア ライフスタイル チャイナ」(中国)

創業302年の中川政七商店(奈良県奈良市)は麻織物の卸問屋から始まり、時代に合わせて業態を変え、30年前からは布巾をはじめとする生活雑貨や衣料品を販売する。工芸品メーカーの経営や商品開発支援も行なっており、2011年、彼らと共同で小売店バイヤーを呼ぶ「大日本市」というイベントを始めた。18年2月、イベントをリニューアルし50社ほどで全国の会場を回るイベントになった。

18年9月、海外の展示会に初めて出展した。2年ほど前から海外進出の機会を狙い、現地代理店を通じた販売を始めたが、大きな伸展はなく、中川政七商店単体でも年商57億円のうち、海外売り上げは1%にも満たない。

単独出展した「インテリア ライフスタイル チャイナ」では、自社商品と「大日本市」ブランドの他社製品を合わせて500商品を展示した。販売代理店を募集したところ、生活雑貨系の小売店から引き合いがあり、商談が進んでいる。「和風が受けると思ったが、シンプルなデザインにワンポイントのアクセントをつけたようなものが受けた」(中野悟史さん) 他の出展者の展示する商品も、衣食住に根付いた商品の展示が多かったという。


▼関連記事はこちら

主催者からセミナー登壇依頼 翻訳サービスの川村インターナショナル【海外展示会挑戦記】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る