三が日の参拝者数 主要神社仏閣で微増

▲成田山 新勝寺(千葉県成田市) 314万人(前年312万人)

正月三が日、各地の神社仏閣には多くの参拝者が集まった。

それぞれ独自集計によると成田山 新勝寺(千葉県成田市)が314万人で最も多く、明治神宮(東京都渋谷区)312万人、川崎大師平間寺(神奈川県川崎市)310万人、浅草寺(東京都台東区)295万人が続いた。

集計方法については「駐車場や鉄道の混雑状況、過去の数字から判断」(成田山)、「1回につき、およそ500人ずつ流す警察の規制回数、お賽銭の量、カウンター付き
トイレ使用者数などを合わせて算出」(浅草寺)など、10年前に警察発表がなくなってから、独自に集計した数値を発表している。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る