▲成田山 新勝寺(千葉県成田市) 314万人(前年312万人)

正月三が日、各地の神社仏閣には多くの参拝者が集まった。

それぞれ独自集計によると成田山 新勝寺(千葉県成田市)が314万人で最も多く、明治神宮(東京都渋谷区)312万人、川崎大師平間寺(神奈川県川崎市)310万人、浅草寺(東京都台東区)295万人が続いた。

集計方法については「駐車場や鉄道の混雑状況、過去の数字から判断」(成田山)、「1回につき、およそ500人ずつ流す警察の規制回数、お賽銭の量、カウンター付き
トイレ使用者数などを合わせて算出」(浅草寺)など、10年前に警察発表がなくなってから、独自に集計した数値を発表している。

▲明治神宮(東京都渋谷区)312万人(前年317万人)

▲住吉神社(大阪市)232万人(前年231万人)

▲太宰府天満宮(福岡県太宰府市)223万人(前年231万人)


▼関連記事はこちら

デジタル世代に通用するデータの公表とは


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る