一般からビジネスまで

 持続可能な社会を考えるアジア最大級の環境イベント。
2017年の開催報告書によると、来場者の内訳は製造業23%、学生17%、流通・商社・飲食・サービス13%など。来場目的は商談や市場調査などビジネス関連が57%、個人的な興味・関心での来場が43%。午前中から昼過ぎにかけては小学生も多く来場する。
 出展者はパナソニックや三菱電機、大和ハウス工業など大手企業が多く並ぶ。企業がCSR(企業の社会的責任)をアピールする場として年々重要性を増している。

エコプロ2018

【開催概要】
会期:12月6日(木)〜8日(土)
会場:東京ビッグサイト
主催:一般社団法人 産業環境管理協会日本経済新聞社
後援:内閣府、外務省、経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、消費者庁他
出展社数:538社
来場者数:16万2217人
同時開催展:社会インフラテック2018(第1回)


さまざまな属性の人が来場
建設技術研究所(東京都中央区)

土木、建設、品質管理、機器メーカー、調査会社、そして一般の人など幅広いジャンルの人が当社のブースに来場した。名刺交換枚数は1日100枚ほどだった。全体の来場者層は「インフラ検査・維持管理展」に近い印象だ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る