【医療インバウンド10年の軌跡】第3回 健康診断で日本へ

中国の富裕層向けに仕掛けたPET検診

北京駐在時代、アンチエイジングの治療でスイスに富裕層を送る中国の旅行会社を見ていた青木氏は、大阪のPET検診センターから持ち込まれた海外富裕層の送客ツアーに、可能性を見出す。両者をつなぎ、独占契約を結ばせると、2012年には3泊4日で100万円を超える高額ツアーに年間250人の中国人富裕層がやって来た。

日本の医療サービスをうけに来日する外国人の目的は、大きく4つに分類できます。健康診断治療予防医療リハビリテーションです。整形美容も治療の一つに入ります。医療インバウンドを検討する地域や組織は、この4つから、何を選ぶのか考えるのが良いでしょう。


▲医療インバウンドの目的は、健康診断、治療、予防医療、リハビリテーションの4つに分類できる(写真はイメージ)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る