建築の総合展示会 海外から来場

40回目の「ジャパンホームショー」を中心に広がった、住宅・オフィス・各種施設・店舗・商業空間における建材、部材、設備、サービスが一堂に会する展示会。
来場者は工務店、ハウスメーカー、建築設計事務所、デザイン事務所、ゼネコン、設備工事業、不動産会社、デベロッパーなど建設業従事者が中心。昨年のデータでは営業・販売30%、経営19%、設計10%、企画・マーケティング10%だった。また出展者からは「今回は海外からの来場者が多い」との声が多数聞かれた。

Japan Home & Building Show/店舗・商業空間デザイン展

【開催概要】
会期:11月20日(火)〜22日(木)
会場:東京ビッグサイト 東4〜6
主催:一般社団法人 日本能率協会
出展社数:506社
来場者数:11万4349人(同時開催展含む)
同時開催展: JAPANTEX、アジア・ファニシング・フェア、S-design / 店舗・商業空間デザイン展、イノベーションオフィス展、ビルメンヒューマンフェア & クリーンEXPO、トイレ産業展、香りデザイン東京、HOSPEX Japan、アグロ・イノベーション


名刺交換3000枚
CSE(東京都渋谷区)

業務用アロマディフューザーを販売している。ブースには主に建築デザインや設計事務所などが来場した。匂いや香りに対するニーズはどの業界でも高まっている。展示会でも引き合いが多い。名刺交換は3000枚くらいだった。
フィットネスジムなら消臭効果のあるもの、オフィスビルのエントランスなら高級感を感じさせる香り、介護現場なら集中力を高めるためにキリっとした香りのものが好まれるなど、業界によってニーズはさまざまだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る