建設機械の世界的展示会 bauma(独・ミュンヘン)【展示会レポート】

来場者は欧州、中東、旧ソ連圏から

bauma(バウマ)は、ショベルカーやクレーン車など建設機械の展示会として始まり、INTERMAT(仏・パリ)、CONEXPO(米・ラスベガス)とともに建機3大展示会と呼ばれることが多い。1954年に始まり、現在は3年に一度の開催で、次回が32回目の開催となる。前回の2016年では、総展示面積が60万5000㎡で、ドイツ・ミュンヘン見本市会場の屋内外スペースを全て使用した。

住友重機械建機クレーン(東京都台東区)は、住友重機械工業と日立建機のクレーン部門が合併して会社ができた2002年以降、毎回出展している。「建機関連でbaumaに出ていない企業はないのでは。継続的に出展し、ブランドと製品認知度を高める」と竹部勇人さんは出展の目的について話す。

ブースには欧州だけでなく、中東、アジア、南北アメリカ、アフリカの建設会社や重機リース会社がやってきた。招待客以外に、新しい企業との出会いも多い。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る