▲「夢洲次世代まちづくりEXPO」の説明会には300人が集まった。

来場者想定は2800万人

2025年に開催が決まった大阪万博の承知案では、来場者数を2800万人と見込んでいる。15年に開催された直近のミラノ万博、2005年に開催された「愛・地球博」に2200万人が訪れており、これらの数字がベースとなっているようだ。

一方、1970年の大阪万博には6400万人が来場した。これは7300万人が訪れた10年の上海万博まで過去最高の数字だった。会場面積は70年の340ヘクタールに対して、25年は155ヘクタールだ。総額1250億円を想定する会場建設費は国、府・市、民間が3分の1ずつを負担することが決まっている。

交通インフラの整備に関する松井一郎知事の発言も相次ぐ中、展示会主催のイノベント(東京都渋谷区)は、万博開催が決まった翌日、夢洲のまちづくりをテーマにした展示会「夢洲次世代まちづくりEXPO」の開催説明会を実施した。会場には建設、不動産、インフラなどの大手企業が参加した。

夢洲次世代まちづくりEXPO
会期:2019年5月15日(水)、16日(木)
会場:インテックス大阪
主催:夢洲次世代まちづくりEXPO実行委員会(イノベント内)
同時開催:[関西]統合型リゾート産業展

▼関連記事はこちら

2025大阪万博 開催決定


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る