▲モニタ上のフォントは背景からの光で膨張して見えるため、紙へより細めのフォントを用いる

モリサワ(大阪市)@「Japan IT Week秋」「ホスピタリティショウ」

国内トップシェアのフォントメーカーであるモリサワ(大阪市)が展示会でPRするのは、高齢者などにも読みやすいユニバーサルデザイン書体だ。20年以上前からさまざまな展示会に出展している。「教育ITソリューションEXPO」「地方創生EXPO」「ホスピタリティショウ」「組込みシステム開発技術展」「Japan IT Week」など出展する業界も幅広い。フォントは、どの分野でも必要とされるためだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る