高さにこだわる 遠くからでも目立つデザイン【集まるブース】

▲他のブースの倍近く高さで注目を集めた

遠くからでも目立つデザイン

 「どこよりも高い造作にしたかった」と語るのは、真空機器・空気圧機器の製造を行う妙徳(東京都大田区)の鈴木護氏だ。10月2〜5日に開催された「東京国際包装展(TOKYO PACK)」では他のブースの倍近く高いブースを設えた。三角形状の構造物の斜面にはディスプレイを設置して展示物を紹介。ブースから離れた位置からでも構造物が見え、多くの来場者から注目を集めた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る