10年ぶりの出展 インベーダー40周年で注目浴びる【集まるブース】

▲タイトー(東京都新宿区)は「東京ゲームショウ」に10年ぶりに出展した

10年ぶりの出展 インベーダー40周年で注目浴びる

東京ゲームショウ」に10年ぶりに出展したタイトー(東京都新宿区)は、生誕40周年を迎える「スペースインベーダー」をメインにしたブースを構えた。ゲームの舞台となる宇宙を連想させる黒を基調としたブースに青白い電飾を設置した。

同時に、ゲームセンターに置くゲーム機を家庭用に4分の3サイズまで小型化させた「ARCADE1UP」も展示した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る