地産地消の典型と思われる不動産にしても、今や世界から買い付けに訪れる。

海外不動産に投資する日本人がいるように、日本の地方不動産を買い求める外国人も少なくない。動産はなおさらで、外国人バイヤーを見かけない展示会はない。

今号でも家具で、住宅設備で、航空宇宙産業で外国人の増加を耳にした。だが、取引につながるのはごく一部だ。

工作機械の展示会JIMTOFでは、日本人以外のバイヤーに注目した台湾メーカーが成果を上げた。
チャンスをつかむ人はきちんと動いている。


コラム【記者の目】はこちら

▼前回記事

記者の目(37)展示会は学生向けのPR機会


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る