神尾 衣里子 式場で声をかけられてタレント事務所へ【Person】

地元の高松で5年勤めた製紙会社を寿退社し、 ウエディングドレスを見に行った場所で、タレント事務所のスカウトを受けた。それから、ブライダルモデル、地元ローカル局のレポーター、イベントの司会としてキャリアを積んだ。

2年前、夫の転勤に合わせて東京へ。これを機に引退しようと思った矢先、所属事務所のハリウッドラテ(香川県高松市)が東京進出を決めた。神尾さんが中心となりキッズ部門が立ち上がる。今や60人の子役を預かるマネージャー業もこなす。

展示会のMCは東京に来てから始めた。仕事がなくても会場に足を運び、周りのMCの仕事を見て勉強した。上京してからしばらくはマネージャー業がメインだったが、今は自分のMC業が半分を占めるようになった。

家に帰れば、4歳の娘が待っている。慣れない東京かと思いきや、仕事もプライベートも充実した日々だ。そうはいっても時には嫌気がさすことも。「人前で喋ることで解消します」忙しい母は、ストレスさえも仕事で解決してしまうのだ。


▼関連記事はこちら

佐藤ともみ「一億総ハッピースマイル化計画」【Person】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る