来場者の6割 決裁者

ドイツの見本市を母体としたインテリア・デザイン市場のための国際見本市。春の「インテリア ライフスタイル」は小物・雑貨がメインで、秋の「インテリア ライフスタイルリビング」は家具がメインだ。
 来場者は小売店、専門店、百貨店、量販店、通信販売、卸・問屋、輸出入業、商社、デザイン事務所、インテリアコーディネーター、設計事務所、住宅・建設・商業施設関連など多岐にわたる。
 2018年春のデータによると、来場目的は製品情報収集43%、市況の動向調査27%など。来場者の買い付け決定権者の比率は6割に上る。

【開催概要】
会期:11月14日(水)〜16日(金) 会場:東京ビッグサイト 西1・2、アトリウム
主催:(一社)日本家具産業振興会メッセフランクフルト ジャパン
出展社数:423社(国内342社 海外81社) 来場者数:1万7426人

不動産会社、ハウスメーカーと取引できた
志岐インテリア工業(福岡県柳川市)

家具の製造販売を手掛ける。トヨタやキヤノンなど、インテリア関連以外の業種と名刺交換できて有意義だった。40〜50社ほどと具体的な話をすることができた。
人口減で新築が減り家具業界は停滞している。だからこそ展示会を通じて新規開拓する必要性を感じている。展示会は、大手企業とつながることができる貴重な場だ。これまでにも、出展を機に野村不動産、積水ハウス、大和ハウス工業と取引が始まった実績がある。


販売ルート増やしたい
塩川光明堂(静岡県静岡市)

ガラスやコレクションケースの製造販売を手掛けている。ブース来場者は既存客が多いが、住宅、ホテル、オフィス関連など、店舗販売以外のルートを増やしたいと思って出展している。ブース来場者は3日間で140人くらいだった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る