都による中小企業のための見本市

 東京都による中小企業の優れた技術や製品を一堂に展示してビジネスチャンスを提供することを目的とした展示会。出展対象は1都3県に事業所を持つ企業。情報、環境、医療・福祉、機械・金属の4分野に加えて、今回新たに「全国食品産業フェア」という飲食系のコーナーも加わった。
来場者の属性は製造業38%、官公庁・大学・研究機関12%、サービス業10%など多岐にわたる。また都による中小企業の新卒雇用促進の施策の一環でもあるため、高校生や専門学校生の来場も目立った。
 なお、小池百合子東京都知事が出席予定だったが、公務のため急遽欠席した。

産業交流展2018

【開催概要】
会期:11月14日(水)〜16日(金)
会場:東京ビッグサイト東4・5・6ホール
主催:東京都、東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、(株)東京ビッグサイト、(公財)東京都中小企業振興公社、(地独)東京都立産業技術研究センター
運営:日広通信社
出展者数:953社(2017年)
来場者数:5万9837人(17年)



新製品求める商社、問屋
ウェルエル(静岡県三島市)

伊豆柑橘ゼリーの製造販売をしている。顧客はホテルやレストランのバイヤー、商社、問屋など仕入れ関連の担当者で、展示会では実際に問屋や商社の担当者が来場していた。とにかく新しい製品を求める人が多かった。
主催者からは「ブースで物販をしてください」と言われた。即売会としての色が強く、お土産に買っていく来場者も多かった。展示会自体がさまざまなジャンルに分かれているので、「地方銀行フードセレクション」に比べてブース来場者数は圧倒的に少ない印象だ。



既存客のフォローの場として機能
ダイワテクニカル(東京都大田区)

米国の通信機器メーカーの総代理店。主力製品は、IP電話機、テレビ電話機、防犯カメラなど。顧客になりそうな来場者は少ないが、出展料が安いので試験的に出展した。今回は、取り引き先の商社の担当者が多数来てくれた。製品の情報交換ができてよかった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る