コムエクスポジアムジャパン ad:tech~主催者に聞く~

▲コムエクスポジアムジャパンでad:techを担当する中澤圭介さんと古市優子さん

10万円の聴講チケットが完売

広告関係者を対象にした講演と展示会のイベント「ad:tech(アドテック)」を主催するのは、フランスに本拠地を置くComexposium(コムエクスポジアム)の日本法人、コムエクスポジアムジャパン(東京都港区)だ。海外7都市と東京、大阪、福岡の国内3都市で開催されるイベントだが、最も勢いがあるのは東京会場だという。一部の講演では10万円以上の聴講料を徴収し、事前予約で完売させている。「来てもらうべき人にだけ来てもらえればいい。(会場を広げ)ビッグサイトに出て行こうという気は特にない」と話す中澤圭介さんと古市優子さんが目指すのは「参加したことを自慢できるイベント」だ。

ー10万円の聴講料を徴収するイベントはどのようにして作るのか。
イベントのブランドを高めるにはどうしたらいいのかを考えている。来場者がイベントの会場にいることをステイタスに感じられることが重要だ。やるべきことは登壇者の選定、会場の演出、そういうことの積み重ねだ。ad:techでスピーカーに選ばれることを目指してきたと話す若い経営者も出てきた。そういうことで価値の高まりを確認している。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る