▲毎日新聞で運用が始まった基幹システムの開発を担当したフューチャーアーキテクトの菅原拓也さんと兒玉理さんは「締め切りよりも、読者に意識が向かうシステム構築を目指した」と話した

毎日新聞の新システムに注目集まる

3年ぶりの開催となった「新聞製作技術展」では、新聞製作の業務効率化や、社員の労務環境改善を目指すシステムやAIの展示に来場者が集まった。

ITコンサルのフューチャーアーキテクト(東京都品川区)は、毎日新聞で11月から運用が始まった業務基幹システムの説明を行った。新システムは新聞発行を主にした業務体系を、デジタルと並立させることを主眼とする。締め切り時間に向かって動く記者の行動習慣を、記事が書かれて社内承認が下りた時点で随時公開する、デジタルメディアを意識した発信形態に変えようというものだ。同時に、記者の労務環境も改善することを目指しており、多くの来場者が導入後の実態を聞きに訪れていた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る