ドイツのIT産業見本市「CEBIT」2019年は開催中止

▲2018年はライブを開催し、若者の集客を狙ったが、挽回には至らなかった。

2019年の開催取りやめ

ドイツ・ハノーバーに本拠地を置く展示会主催のドイツメッセが、来年6月に開催を予定していたIT産業の展示会「CEBIT」の開催を取りやめることを発表した。要因は出展企業の申し込み減少としており、今後は、同じ会場で開催する「ハノーバーメッセ」に統合しつつ、新たな企画を準備する。

出展企業の減少が要因

「CEBIT」は製造業全般を対象にする「ハノーバーメッセ」の一部として始まり、1986年以降、IT産業の独立した展示会として開催されてきた。現在は、バンコク、シドニー、モスクワでも開催され、世界的に知名度も高い。2017年は、安倍・メルケル両首相の会談で、日本がパートナーカントリーに選ばれ、政府やJETROの支援により118社の日本企業が出展した。18年は21社に減ったが、全体の出展者数は2800社だった。
一方で、出展企業の減少は10年ほど前から始まっていた。IT全般を対象とするため、産業別の展示会と異なり、出展者・来場者とも開催年によって色が変わりやすく、ターゲットを明確にしたい出展企業から敬遠されるようになっていた。昨年は、開催時期を4月から6月に変更し、若者の来場を増やそうとアーティストを呼ぶなど内容の一新を図ったが、来場者の減少を止めることができなかった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る