SEMI 2000社が参加する半導体産業の国際工業会 製造装置や材料供給 日本がトップシェア~主催者に聞く~

▲SEMIジャパン(東京都千代田区)浜島雅彦社長(59)
1959年4月、愛知県名古屋市出身。名古屋工業大学卒業後、東京エレクトロン入社。半導体前工程装置の営業マーケティングに従事し、海外事業で買収米国子会社の経営に関わる。18年1月より現職。趣味はサーフィン。

SEMI 2000社が参加する半導体産業の国際工業会
製造装置や材料供給 日本がトップシェア

世界半導体市場統計の発表によると、世界の半導体市場は4122億ドル(約47兆円)で、日本のシェアは7%程度だ。90年代には世界市場の半分を担っていたが、サムスン、インテルを筆頭に主役は海外に移った。だが、半導体を作るための製造装置や材料の分野で、日本が占める割合は今も世界トップレベルだ。SEMIジャパン(東京都千代田区)にはこれらの半導体製造に関わる企業325社が参加する。一方で、半導体業界の学生に対する認知度は低く、人材獲得が長らく業課となっている。毎年12月に開催する「SEMICON JAPAN」では、商品発表や商談といったビジネス機能に加え、半導体産業に学生の関心を引き込む仕掛けに力が注がれる。

SEMICON Japan 2018
会期:12月12日(水)〜14日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟
主催:SEMIジャパン
出展社数/小間数:780社/1800小間
こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る