【医療インバウンド10年の軌跡】第1回 制度誕生前夜

 

(一社)日本旅行業協会 国内・訪日旅行推進部 青木志郎副部長
旅行代理店大手の日本旅行に20年勤務。10年前から医療診断・治療目的で来日する外国人と日本の医療機関をつなぐ医療渡航支援業務に携わる。

国民皆保険のある日本には縁がなかった

医療診断、治療目的で来日する外国人が増えている。入院や複数回通院するため6カ月以上滞在する外国人向けの「医療滞在ビザ」 は制度化から6年で発行数が19倍になった。旅行会社の立場から、医療渡航者と日本の病院をつないできた青木志郎氏が、10年間の変遷を語る。

私は旅行会社の出身で、日本旅行に20年位おりました。海外からのインバウンドに携わり約20年です。インバウンドという言葉はもともと旅行産業の業界用語でした。インバウンドという言葉が一般的になる前から海外に行き、海外の旅行会社に国内旅行を売る仕事をしていました。
タイトルをみて医療インバウンドの歴史は10年しかないのかなと思うかもしれませんが、まさに、医療が観光と結びついて10年ぐらい。まだ日は浅いのです。しかし、ここへきてさまざまなプレイヤーが登場しています。携わるプレイヤーが多いので、なかなか一口に医療観光とか医療インバウンドについて語れません。医療という切り口をどのようにとらえるか、携わる立場によってだいぶ変わります。ここでは私が独自に分けた分類やカテゴリーから、医療インバウンドについて説明します。

日本において、医療インバウンドとはどう定義されているのでしょうか。医療滞在ビザ制度ができたのは2011年1月1日です。始めに、それ以前の状況について解説します。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る