QRONTECH(韓) ドライブレコーダー求める人少なく~日本で何狙う?~

▲各国の展示会に参加するMonet Hyungmin Leeさんは、ブース前でチラシやノベルティを配って呼び込んでいるのを初めて見たと話す

QRONTECH(韓)@Japan IT秋
ドライブレコーダー求める人少なく

韓国のドライブレコーダーメーカーQRONTECHは年商30億円。韓国国内で20億円、海外が10億円だ。主な取引先はアメリカ、カナダ、オーストラリアなど、ドライブレコーダーの必要性が浸透している地域が中心。一方で日本のドライブレコーダーは他の先進国に比べると遅れており、市場の成長を期待して出展した。日本国内での実績はこれまでほぼない。

「想像以上に、ドライブレコーダーの必要性を感じていない方が多かった。とはいえ3~4社くらいのバイヤーさんと出会えた。理想は独占販売権の契約をした企業が、さらに販売のネットワークを広げてくれること」(Monet Hyungmin Leeさん)。アメリカやカナダでは、独占販売権を取得した企業により販売網が広がったという。


特集【日本で何狙う?】へ

GeneChem(韓) 長い付き合いが期待できる日本市場は魅力~日本で何狙う?~

関連記事

ページ上部へ戻る